読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねっとぱんだ

webdesignとprogramingの勉強ブログ。

javascript 関数

Javascript

関数

function 関数名(引数1 引数2){
実行する処理。
}

function sum(num1, num2, num3){
 
}
sum(1, 2, 3);
sum(4, 5, 6);

  1. function sum(num1, num2, num3) → 関数sumが記述され、
  2. sum(1, 2, 3);  → num1に1、num2に2、num3に3が代入される。
  3. sum(4, 5, 6); → もう一度関数を呼び出し値を代入すると、新たにnum1に4、num2に5、num3に6が代入される。

引数が必要なければ()と省略する。

因数を指定されている数より多く指定した場合

function plus(num1, num2,){
  var sum = num1 + num2;
}
plus(1, 2, 3);

plus(1, 2, 3);の1と2は代入されるが3は捨てられる。

因数を指定されている数より少なく指定した場合

function plus(num1, num2,){
  var sum = num1 + num2;
}
plus(1,);

plus(1, 2, 3);の1は代入されるがnum2は未定義値(undefined)が代入される。