読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねっとぱんだ

webdesignとprogramingの勉強ブログ。

【javascript】get引数、openメソッド、locationserch等

Javascript

以前、下の記事で練習したコードのプロパティ等を詳しく確認します。

pandafam.hatenablog.com

get引数

変数aに、bb.html(htmlへのリンク)に?=c(cの変数には後から値を入れる)を入れる。

var a="bb.html?="+c;

openメソッド

新しくウィンドウを開かせるメソッド。

詳しい書き方 > JavaScript: window.open() 小窓

window.open(URL,"windowの名前","width=",height=,left=,top=,menubar=,toolbar=,scrollbars=");

locationとsearch


location=URLに関する処理

serch=URLの?以降の部分

変数getにURLの?以降の部分を格納している。

var get=location.search

substr

()内で指定した引数分だけ、文の先頭から字数を取り除く。

get内の文から、先頭から2文字取り除く。

get=substr(2)

変数のスコープ、可視範囲

パブリック変数
関数の中で宣言された変数はその関数の中でのみ使える。
プライベート変数
関数の外で宣言された変数は、関数の外でも中でも使える。

どこから変数の中身を参照できるのかを変数のスコープ、変数の可視範囲という。

split

指定した文字を区切りとして、文字列を分解できる。

getの中の文字列をaの前後で分解する。

getがbbaccという文字列だった場合、bbとccで別れる。分解されたものは配列としてget2に格納される。

つまりbbはget2[0]、ccはget2[1]に格納される。

get2=get.split("a")