ねっとぱんだ-プログラミング勉強ブログ-

Webデザイン、プログラミングの勉強ブログ。

【デザイン分析】仙台のwebdesign会社

仙台の制作会社のコーポレートサイト

3/23

種類
コーポレートサイト
概要
仙台のweb制作会社のコーポレートサイト
ターゲット
顧客
>企業・同業者 (海外向け?)
ページ構成
TOP(各作品ページへ)>・about
width/breakPoint
1000px/768px
レイアウト
1column
配色
 

#081831
ロゴ・メインカラー

+それぞれの作品の色が単純化されて表現。
font
・”游ゴシック","Yu Gothic",YuGothic,"Hiragino Kaku Gothic ProN","Hiragino Kaku Gothic ・Pro","メイリオ",Meiryo,"MS ゴシック",sans-serif;
'Lato',sans-serifstyle.css:45

感想・いいと思ったpoint

ファストビュー
紺色のシンプルな画面と白いテキスト、色が単純化された作品の見え方が一種のグラフィックに見えて綺麗です。
テレビのカラーバー画面のように見え不思議なのでクリックして見たくなりました。
レイアウト
1columnレイアウトでほぼ作品のみを見せています。迷う事のないスッキリとしたサイトです。
配色
紺色と白の文字で高級感やハイレベルさが演出されていると思います。背景がシンプルなので作品の色が際立って見えます。デザインのポイントとして、配色にこだわっている部分を見せたいという意図があるのでしょうか。
フォント
英語にはgoogle fontのLatoが使われています。全文字幅が広めで堂々とした感じがあります。
その他
文字にカーソルを合わせると一瞬ランダムな文字列アニメーションになる動きや、作品画像のモザイク化、作品画像にホバーした時のアニメーション、画像がローディング中の時骨組みが見える等、多くのアニメーションが使われています。
シンプルなデザイン故にその中で技術を見せたいという狙いがあるのでしょうか。
ページがほとんど英語であったり、SNSも英語であることから海外のクライアントの獲得も視野に入れているのだと思います。