ねっとぱんだ-プログラミング勉強ブログ-

Webデザイン、プログラミングの勉強ブログ。

【javascript】Dateオブジェクト【随時更新】

日付、時刻を扱う

Date
日付、時刻を扱う為のオブジェクト。 日時を1970年1月1日0:00からの経過時間をミリ秒で保持している。

ブログの内容も復習

Dateオブジェクトを生成

var a = new Date();//現在の日付と時刻を生成
var b = new Date(1000);//1000ミリ秒の日時を生成
//数値は0から始まる(12月は11)が日数は1から始まる。
//指定した日時を生成
var c =  new Date(1992, 4, 28);
var c =  new Date(1992, 3, 28, 23, 59, 59);
var c = new Date("Apr 28, 1992 23:59:59");
var c = new Date("April 28, 1992 23:59:59");

以下の書き方もある

var a = new Date("1992/4/28 23:59:59");
var b = new Date("4/28/1992 23:59:59");
var c = new Date("92/4/28 23:59:59");
var d = new Date("4/28/92 23:59:59");

Dreamwewverでは「挿入」で日付を入れて自動更新にすると自動的に更新する日付を生成できる。

Dateオブジェクトのメソッド

後ほど追加

Dateオブジェクトを使って日付をわかりやすく書き出す

getFullYear、getMonth、getDate、getDayを使う場合

var today = new Date();
document.write(today+ '<br>');
var dy = today.getFullYear();
var dm = today.getMonth() + 1;
var dd = today.getDate();
var dday = today.getDay();
var dh = today.getHours();
var dminutes = today.getMinutes();
var dseconds = today.getSeconds();
var ddayName = ['日','月','火','水','木','金','土']
document.write(dy+ '年' + dm + '月' + dd + '日' + ddayName[dday] + '曜日' + dh + '時' +  dminutes +'分'+ dseconds + '秒');
console.log(dday);
文字列に変換

Dateオブジェクトで取得した日時を文字列に変換する。

toLocalDateString

var today = new Date();
var dstr = today.toString();
var dlcl = today.toLocaleDateString();
document.write(dlcl);