ねっとぱんだ-プログラミング勉強ブログ-

Webデザイン、プログラミングの勉強ブログ。

【javascript】連想配列【随時更新】

連想配列

  • オブジェクトとして扱われる。
  • 連想配列のキーになるシンボルの事をプロパティという

Objectコンストラクタ

生成

//Objectコンストラクタ
var obj = new Object();

Arrayコンストラクタ

var arr = new Array();
</script>

書き方

var obj = { a: 'あ',b: 'か' };
console.log(obj[a]);
var obj = { 'あ': 'a' };
console.log(obj['あ']);
//この場合obj = { 'a': 'か' };となる
var obj = { a: 'あ','a': 'か' };
console.log(obj);
console.log(obj['a']);
var obj = {};
obj.a = 'あ'
console.log(obj['a']);
var ojt = new Object();
ojt['a'] = 'あ';
ojt['b'] = 'か';
ojt['c'] = 'さ';
console.log(ojt['c']);

for inを利用して格納されている分だけ参照する。

lengthは0となって使えないので普通のfor文では無理。

var arr = new Array ();
arr['a'] = 'えー'
arr['b'] = 'びー'
arr['c'] = 'しー'
arr['d'] = 'でぃー'

//engにarrのキーが一回ずつ代入されていく
for(eng in arr){
    console.log(eng + '…' + arr[eng])
}