読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねっとぱんだ

Webデザイン、プログラミングの勉強ブログ。

【VirtualBox,Vagrant】ローカル開発環境【随時更新】

最終更新日:4/23

1 インストール

VirtualBox
手元のPCでローカルサーバーをいくつも作れる。
  1. Oracle VM VirtualBoxの「Downloads」ページへ
  2. Windows hosts」か「OS X hosts 」をクリックしてダンロード
Vagrant
VirtualBoxをわかりやすいコマンドで使えるようにする。
  1. Vagrant by HashiCorpの「Downloads」ページへ
  2. 使用しているOSを選んでダウンロード

cloud9を使えばブラウザ上でも開発できる。
Cloud9 - Your development environment, in the cloud

2 準備

ターミナルを開く。
フォントは見やすいように等幅を指定。
vagrant plugin install vagrant-vbguest と入力してvagrantプラグインをインストールする。

細かいコマンドなどはドットインストールを見て進めました。
http://dotinstall.com/lessons/basic_localdev_mac_v2
以下はそのメモになります。

clear
ターミナルの画面をクリアする。
vagrant ssh
vagrantにログインする。コマンドを打つところの先頭が[vagrant`localhost ~]$になる。この状態ならローカルサーバーにログインしていると言う事。

FTPクライアントからローカルサーバーにログインする時

  1. SFTPを選択
  2. サーバ名は今回設定した192.168.33.10
  3. ユーザ名とパスワードは「vagrant」を入れる。

phpの開発

vagrantを起動してphpのファイルがあるディレクトリに移動し、php S-192.168.33.10を入力。
192.168.33.10:8000にアクセスできるようになる。

Finderで/etcと入力し、hostsファイルで
192.168.33.10 の横に文字列を打ち込んで保存すると、文字列:8000でのアクセスが可能になる。

エディターでhostsファイルを変更可能にするには
hostsファイル>情報を見る>+マークを押してコンピューターの現在のユーザー名を追加。>読み書き可能に変更