ねっとぱんだ-プログラミング勉強ブログ-

Webデザイン、プログラミングの勉強ブログ。

【MySQL】コマンドラインでの操作

mysqlの場所

引用:https://webkaru.net/mysql/mamp-command-line/
cdコマンドでMAMPのコマンド群があるディレクトリに移動

cd /Applications/MAMP/Library/bin/
  • xampp
cd C:\xampp\mysql\bin

mysqlを起動

$ ./mysql -u root -p

パスワードを入力する。(初期値はroot?)
パスワードを任意のものにする場合

set password for root@localhost=password('任意のパスワード');

データベースを作成

create database test_database;

データベースを一覧表示

show databases;

データベースを削除
※infomation_shemaやmysqlデータベースは排除しないよう注意

drop database test;

データベースを選択

use データベース名;

作業ユーザーの設定

grant all on
許可を与える記述
testdatabase.*
testdatabaseというデータベースの全てのテーブルに対して
dbuser@localhost
dbuserに対して
identified by '~'
パスワードを与える
 grant all on testdatabase.* to dbuser@localhost identified by 'パスワードを入力';

設定したサーバーにログインする。

mysql -u dbuser -p testdatabase

テーブルの操作

create table users(テーブルの名前) (
id int,
name varchar(255),
email varchar(255),
password char(32)
);

mysqlのデータ型

数値

int
整数値
double
浮動小数

文字列

char
あらかじめ長さが決まっているもの
varchar
長さが可変のもの
text
長さが分からないもの

日付

date
日付
datatime
時間
enum
列挙型

列挙型

あらかじめ選択肢が決まっているもの。
例 性別 sex enum('male','female')

charとvarcharの違い

引用:https://www.dbonline.jp/mysql/type/index3.html

CHAR()
固定長文字列。0から255文字の文字列を指定。
VARCHAR()
可変長文字列。0から65535バイトのバイト数を指定。

charは指定された文字数まで空白を入れて保存されるが取得したときに空白は排除される。
varcharは空白を入れて保存しても空白は排除されない。
比較する際は末尾の空白は排除
される。

カラムの追加と排除

引用:https://www.dbonline.jp/mysql/table/index20.html
カラムの表示

テーブルを指定して表示
SHOW COLUMNS FROM tbl_name;
データベースまで指定して表示SHOW COLUMNS FROM tbl_name FROM db_name;

カラムの追加
memoというtext型のカラムを追加。

ALTER TABLE users ADD memo text;

指定したカラムの後に挿入

ALTER TABLE users ADD memo2 text after password;

カラムの排除

alter table users drop column memo2;