ねっとぱんだ-プログラミング勉強ブログ-

Webデザイン、プログラミングの勉強ブログ。

サーバーの種類、クラウドについて

大まかなサーバーの種類

共用サーバ

  • 複数のユーザが1つのWebサーバを共有
  • メモリの利用上限などを厳しく設定
  • CPU、メモリ、ソフトウェアを共有するので他のユーザの影響を受けやすい
  • 好きなソフトウェアをインストールできない
  • サーバ会社が決めたOSやアプリケーションを使用
  • データベースの種類や、実行できるプログラミング言語などが限定

(レンタル)専用サーバ

  • 物理サーバを完全に1台専有。
  • CPUやメモリ、ソフトウェアを専有できる。
  • 管理者権限(root権限)で自由にアプリケーションやOSを選べる。
  • サーバを自分で構築し、メンテナンスできるスキルが必要

VPS (Virtual Private Server)

  • 物理サーバ上でユーザそれぞれに仮想サーバが割り当てられる。
  • メンテナンスできるスキルが必要
  • ホストOSがクラッシュしたり、メンテナンスする場合、サーバダウンが生じる可能性がある。

クラウド

SaaS、PaaS、IaaSという領域がある。

クラウドの形態について

SaaS (Software as a Service)
  • 必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できるようにしたソフトウェアもしくはその提供形態。
  • ソフトウェアを提供者(プロバイダ)側のコンピュータで稼働させ、インターネットなどのネットワーク経由でサービスとして使用し、サービス料を支払う
  • ソフトウェアをインストールすることなく、インターネットを介して利用することができる
具体例
GoogleマップGoogle Earth、乗り換え案内サービス

※ちなみにAdobeCCはSaasではない

PaaS (Platform as a Service)
  • ソフトウェアを構築および稼動させるための土台となるプラットフォームを、インターネット経由のサービスとして提供
  • プラットフォーム上で構築したサービスを自分の顧客に提供することができる
  • 開発したシステムを運用するための環境をインターネットを通じて提供し、月額使用料などの形で収入を得る事業モデル
  • OSや開発言語、データベースなどがあらかじめ構築されている
  • おもに開発技術者向けのサービス
具体例
Monaca、Cloud9
IaaS (Infrastructure as a Service)
  • システムのインフラを提供するサービス
  • サーバーやストレージをはじめ、ファイアウォールロードバランサーなどのネットワーク機器まで、利用者が仮想的に構築できる。
  • CPUやメモリ、OSなども自由に設定できる。
  • 時間帯やキャンペーンなどアクセス数が急激に増減するWebサイトなどに活用される。
  • 短時間でのサーバーの増強、スケールアップやスケールアウトが行える
具体例
Amazon Web Service(AWS)、Microsoft Azure
DropboxGoogleドライブなどのクラウドストレージサービスも含まれる。
クラウドサービスのメリット
  • アプリケーションなどが「所有」から「利用」するものに変わりつつある。
  • アクセス数の増減に合わせ柔軟にシステムが構築できる = スケーラビリティ
  • 設計や検証などせずに契約することですぐに使い始められる
  • クラウド側で管理・運用する為、メンテナンスせず最新の環境を利用できる。
  • 初期費用がかからず、月額で使う分だけの費用で利用できる。
クラウドサービス注意点
  • インターネットが使えない場所では利用できない
  • 最新のファイルを物理環境にバックアップしたり、重要なシステムを物理環境にも用意するといった対策が必要。
引用
https://japan.norton.com/cloud-service-3385
https://ja.wikipedia.org/wiki/SaaS
https://ja.wikipedia.org/wiki/Platform_as_a_Service

従来型とクラウドについて

従来型

オンプレミス
  • 自社で管理している施設内で運用
ハウジング
  • サーバ設置場所を、外部のデータセンター事業者に移したイメージ
ホスティング

クラウド

クラウドのメリットについて詳しい↓
「NIST(アメリカ国立標準技術研究所)によるクラウドコンピューティングの 定義」
https://www.ipa.go.jp/files/000025366.pdf
以下は下記サイトの引用
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1305/28/news03.html

プライベートクラウド(オンプレミス型)
  • 巨大なシステム
  • (狭義の)プライベートクラウド
  • エンドユーザーがリソースの配賦をごく短時間で受けられ、費用負担も「使っただけ」にできる。
  • 仮想化技術の導入と習熟に一定のコストが必要
  • リソースの追加は従来型と同様かそれ以上

クラウドサーバーのスケーラビリティはユーザーにとってはメリットだが、管理者にとっては高コストとなる。

プライベートクラウドホスティング型)
  • リソースのオーナーシップがオンプレミス型と異なる
  • リソース全体を借りたり、一部だけを借りて後から増減する場合がある。
  • 専用回線などで自社環境とデータセンター間を接続
  • オンプレミス型よりコストが低い(? 経費での運用、リース資産になるなど)
  • ハードウェアベンダーやシステムインテグレーターがサービス提供 < 安定性、安全性、保守性において圧倒的に優れている
  • 短期の利用や、リソースの変更が頻繁に必要なケースには向いていない
  • 専用回線を敷設によって高コストになる場合も
ハードウェアベンダー
ハードウェアのメーカー
データセンター
インターネット用のサーバやデータ通信、固定・携帯・IP電話などの装置を設置・運用することに特化した建物の総称
システムインテグレーター
顧客の業務を把握し、抱えている問題を解決するための企画、設計、開発、運用などを行うIT企業
プライベートクラウドパブリッククラウド型)
  • AWSAmazon Web Services)のAmazon VPCが草分け
  • 多くのIaaS系クラウドベンダーが提供
  • パブリッククラウド上の仮想的な区画を、自社の専用エリアとして使う
  • VPN専用線で接続、ネットワーク的にあたかも自社のLANの延伸として使うことができる
  • パブリッククラウドのリソースを自由に使え、自社のプライベートIPアドレスを付与して管理できる
  • プライベートな利用をしながら、初期費用はほとんど必要なく使った分だけの費用になる
  • 「自社のLANの延伸」となるので、圧倒的に管理がしやすい
  • 最も低コストで可用性を担保できる
  • 唯一の弱点は、障害コントロールがほとんどできない点
  • クラウドベンダーが復旧作業を終えるのを待つしかない
VPN (Virtual Private Network)
インターネットというオープンなインフラを使って拠点間をセキュアに接続する
インターネットVPN
インターネットのアクセス回線を利用する専用回線
IP-VPN
通信事業者が独自に保有する閉じたネットワーク(閉域網)を利用する専用回線

パブリッククラウド

プライベートクラウドパブリッククラウド型)を除く

  • アイソレーション機能(独立性?)を持たないクラウド
  • 広く外部のインターネットに公開するシステムを大規模に構築する場合に適する
  • インターネット側の回線を自前で調達する必要がなく、帯域についても気にする必要がない
  • 一般コンシューマ向けのサービスでアクセスの増減に柔軟に対応できる
  • 障害コントロールが困難
  • 部分的にアイソレーションが必要な場合には自分で設計、設定、管理しなければならない
  • 利用料の見込みを予測することが難しい
オンデマンド
需要に応じて、または必要になった時だけ、行うこと
コンシューマ
消費者、需要者、購入者、民生用のもの
エンタープライズ(Enterprise)
規模の大きな法人に向けた市場や製品

引用した上記記事を書いた加藤さんのクラウドについての連載
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1008/19/news04.html