ねっとぱんだ-プログラミング勉強ブログ-

Webデザイン、プログラミングの勉強ブログ。

【java】EclipseのJRE・JDKの設定など


使っていて気になったので基本操作と一緒にまとめました

環境

参考
http://qiita.com/sakasa/items/f7c0c8c3791c179c3fa4
OS
macOS Sierra 10.12.6
Eclipse
Version: Neon.3 Release (4.6.3)
Build id: 20170314-1500

基本操作 projectの作り方

  1. 「Package Explorer」上で右クリック、「JavaProject」クリック
  2. Project name等設定してさ作成

class等も同じ

JREJDKの設定(mac)

JRE(Java Runtime Environment)
JDK(Java Development Kit)

JREの変更

参考
https://www.javadrive.jp/Eclipse3/jre
  1. メニューバー左上の「Eclipse」をクリック
  2. 環境設定( ⌘ + , )をクリック
  3. 左の一覧から「Java」のプルダウンメニューを表示
  4. Installed JREs(インストール済みJRE)をクリック
  5. 右の表にインストール済みJREの一覧が表示される。
    使用するverにチェック

JDKの設定

  1. 環境設定から>javaコンパイラ
  2. 右の画面で「Compiler compliance settings(コンパイラ準拠レベル)」のプルタブを開いてバージョンを指定

Eclipseの起動に使用するJDKを指定

参考
http://qiita.com/deonathg/items/31d1ef610e429e3da7b0

特定のJVMのバージョンしかサポートしていないWebアプリケーションなどにデプロイする場合に設定するようです。

デプロイ deploy
配置する、展開する
Webアプリケーションなどのシステム開発工程において、システムを利用可能な状態にすること

ターミナルに下記コマンドでjavaのインストール先がわかる

/usr/libexec/java_home -V
libexecディレクト
モジュール(ハードウェアやソフトウェアの部品やプログラム)が定義した実行ファイルとかモジュールが入っている(?)
http://www2.olisys55.com/module.html
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10113464340
  1. 上記ででてくるJVMのバージョンのパスをメモ
  2. eclipse.appのコンテキストメニュー(右クリック)を表示して「パッケージの内容を表示」を選択。
  3. 「Contents」フォルダの下の「Info.plist」ファイルを開く
<key>Eclipse</key>
		<array>
			<!-- to use a specific Java version (instead of the platform's default) uncomment one of the following options,
					or add a VM found via $/usr/libexec/java_home -V
				<string>-vm</string><string>/System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Commands/java</string>
				<string>-vm</string><string>/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.8.0.jdk/Contents/Home/bin/java</string>
			-->
			<string>-keyring</string>
      <string>~/.eclipse_keyring</string>
		</array>

上記のコードの最初のコメントの下に以下のコードを挿入

<string>-vm</string><string>先ほどコピーしたJVMのパス(例:/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_131.jdk/Contents/Home)</string>
<key>Eclipse</key>
		<array>
			<!-- to use a specific Java version (instead of the platform's default) uncomment one of the following options,
					or add a VM found via $/usr/libexec/java_home -V
				<string>-vm</string><string>/System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Commands/java</string>
				<string>-vm</string><string>/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.8.0.jdk/Contents/Home/bin/java</string>
			-->
            <string>-vm</string><string>先ほどコピーしたJVMのパス(例:/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_71.jdk/Contents/Home/bin)</string>
			<string>-keyring</string>
      <string>~/.eclipse_keyring</string>
		</array>

保存してEclipseをクリーン起動

クリーン起動

クリーン起動
-cleanでEclipseが動かなくなった時とかに復旧できる

なぜかapplicationにeclipseを保存してなかったのでeclipseのフォルダがある場所を辿って-cleanコマンドをつかいました;

  1. ターミナルでeclipse.appのある場所へ
  2. 開いて「Contents」→「MacOS」→「eclipse
  3. コマンド「./eclipse -clean」を入力してクリーン起動成功